2013年12月14日

なつかしいひとと

幼馴染のお母さんが亡くなったのでお葬式に。
2週間ほど前に、うちの文鳥のサクラが怪我をしたので相談の電話を入れたら(私と彼女は小鳥大好きでつながっている。まえに飼ってた子も彼女の家から養子に来た)お母さんが危篤とのことで急遽お見舞いに行った。
お母さんとは15年ぶり、友人とは6年ぶりの再会だった。
かろうじて目覚めていたお母さんに、子供の頃からお世話になった感謝の気持ちを伝えて、手を握り合ったりマッサージをしたりして、もう口がきけなくてもはなしができた。
その翌日からもう目を開けなくなって、亡くなった。...
サクラが知らせてくれたような気持ち。
告別式はお母さんが好きだった歌を流してみんなで一緒に口ずさみ、代わる代わる「ありがとう」と故人に声をかけた。
お葬式ってこんなに「ありがとう」って言うもんだっけ?
魂は体のなかにはもういなくって、上のほうでにんなの様子をニコニコしながら見てるなぁという感じがすごくして、寂しくて悲しいんだけどなんだかにっこりしてしまう、いいお葬式でした。もっと見る
posted by mayumi at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする